社会全体の求人数を見極めて転職の判断をする

 転職で気をつけておかなければならないのは、社会全体の求人数が増えているのか?減っているのか?という求人の動向だと私は思います。

 

 

 

 求人数というのは、社会全体の動向を如実に示すものであり、経済が上向いていれば必然的に求人数は多くなりますし、下向いていればそれとは逆に求人数は少なくなります。

 

 

 

 

 転職するときには、他人と争う人の数が多ければ多いほど苦戦するということが目に見えていますので、求人数が全体的に少なくなっているときには、よっぽどの理由がない限り無理に転職する必要はないと私は思っています。

 

 

 

 

 その反対に求人数が多いときにもしも転職を迷っているならば、思い切って転職に踏み出したほうが転職しやすいですし、その分好結果となる確率もかなり高くなります。

 

 

 

 

 ただ、会社ごとに求人数はまったく違うわけですから、必ずしも社会全体の動向がその会社の求人数に反映すると言い切れるわけではありません。しかし、それでもやはりそこはリンクする可能性が非常に高いので、もしも転職を考えているならば、社会全体の求人数をよく考慮してから転職をするかしないかの判断をするべきです。

 

 

 

お役立ち情報
男性におすすめの転職サイト
男性が転職時に活用すると便利な転職サイト

 

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

 

 

 

 ですから、自分とは一見関係なさそうな世の中の動向も逐一チェックしておかなければなりませんし、それをしておくことが適切なタイミングで転職をするためには必要です。

 

 

 

 

 そのためには、テレビやネットなどの各メディアから、常に求人数に対する情報収集をしておくべきだと私は思っています。