30代女性の転職は本当に難しい。


 世の中は、40代の女性にすら、「女子」という言葉を使ったりしていますが、転職活動ということになると、35歳は既に「老婆」の域に突入しているような気がします。
 35歳手前で転職活動を始めました。大卒正社員、そこそこのスキルもありました。転職サイトに登録すれば、こちらからアクションを起こさなくても、転職エージェントからひっきりなしにコンタクトがあります。登録に行き、企業を紹介されます。書類を用意しますが、ただ、どういう訳か面接には至らないのです。

 

 

 同時に、自分から直接アプライできる企業に、書類を送りましたが、やはり書類が通らない。志望動機が「上から目線」なのではないか、その他、原因を色々と考えました。初めての転職ではないこと。在職中の企業が外資系であったこと、にも関わらず日系の企業に移りたいと思っていたこと。企業は書類が通らない理由を教えてはくれませんし、自分で推測するしかありません。

 

 

 ところがある日、他の企業が少なくとも一週間から二週間程度かけてからお断りのメールを下さるところ、数時間でお断りのメールが届いた事がありました。数時間で判断が下される。非常に事務的です。お断りメールを頂いた後も人を募集しています。とても、経歴を他の人と比較している様子はありません。実にショックでしたが、同時に、職務経歴書や履歴書の中身で比較をせずに判断を下すとしたら、なんだろうと思いました。

 

 

 あまりにショックでしたので、友人や家族に話すと、全員が口を揃えて「年齢じゃないの」と言いました。個人的には、スキルや熱意があれば、年齢は関係ないと心から思っており、年齢という発想が全くありませんでした。年齢に関わらず、新しい事に挑戦することは、「良いこと」だと思っていました。

 

[関連]
37歳 転職
37歳から転職は間に合う?年齢的にアウト?そんな疑問にお応えする、転職情報サイト。
xn--37-3b1eq28ejpq.net

 

 その後私は、結局知らない企業へのアタックをあきらめて、コネで転職を果たしましたが、そこの方々も、私がどういう人物かを以前から知っていたから雇ったのであって、女性の35歳(しかも未婚)なんて地雷はなかなか雇えないよ、と言っておりました。
世の中はきれいごとを並べ立てますが、実際は想像以上に厳しいのです。