50代からの転職サイト|お勧めランキング

 こちらでは、50代の転職をお考えの人を応援します。50代と言えば、企業で長年勤務していれば、最も給料が高くなる年齢です。

 

 

 

 採用する企業としては、その高い賃金に値するような経歴や、スキルを持ちながら即戦力になる人を求めています。

 

 

 

 そのため、求人数は40代と比較すると激減し、活動が長引くのです。また、履歴書の年齢で切られて面接までこぎつけるのも一苦労する場合もあります。効率的に活動を行うためには、転職のプロの力を借りると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 キャリアを活かした転職を支援する、転職情報サイトやエージェントをご紹介しています。また、50代の転職体験談を多数掲載しています。当サイトをご利用いただき転職活動にお役立てください。

 

 

 

 

リクナビNEXT

  • リクルートが運営する人気ナンバー1の転職支援サイトです。高収入や管理職求人など、50代の求人が探せます。
  • 登録無料で、求人数が豊富なため、比較的有利に転職活動ができる求人が多数掲載されています。
  • Web上に匿名でレジュメ登録ができるスカウト機能を利用すると、思わぬ企業からオファーが届くこともあります。

 

リクルートエージェント

  • キャリアアドバーザーがこれまでのレジュメから徹底的にキャリアの棚卸をしてくれるので、有効的なレジュメを作ることができます。また、自分のアピールすべきポイントを知ることもできます。
  • 面接対策として、企業の面接事例や、想定される質問、自分をどうアピールするのかなど徹底した対策を教えてもらうことができます。

 

参考サイトのご紹介
50歳におすすめの転職の方法とは
50歳からの転職探しに使えるサイトを掲載しています。

 転職で気をつけておかなければならないのは、社会全体の求人数が増えているのか?減っているのか?という求人の動向だと私は思います。

続きを読む≫ 2014/04/18 13:48:18

 転職を行う人にとって、事情は様々あることでしょう。ですが、若いからすぐに新しい職場が見つかるだろうなどと考えている方がいらっしゃれば、私は間違いなく「大間違いだ」と言うでしょう。若いから転職が上手くいくなんてことは絶対に有り得ません。

 ドラマなどでよく放映されるシーンが有ります。それは「責任をとって会社をやめます」と言って辞表を渡すシーンです。実際の会社でこんなことをすれば失望されてしまうことでしょう。

 最近は日本においても、転職をするということがごく当たり前にみられることになってきています。そのような中において、20代の若者が転職するケースと、ある程度の年齢に達している者が転職するケースとは、完全に区別して考える必要があるのではないでしょうか。

 今日では、転職活動は誰の身に起きてもおかしくないことになってしまっています。かなりの大企業が希望退職制度を導入し、割増の退職金や再就職支援サービスが受けられるといった特典をつけ、退職前に辞めてもらう制度である。即ち、これは終身雇用制度が崩れかかっている証拠でもあります。


 転職活動を始めたばかりのうちは不安に感じたり何をすれば良いのか解らない事があります。

 

 そんな時は、友人や先輩に相談するなどして情報交換やアドバイスを受ける事は有効です。なぜなら、自分が感じたり考えたりしてきた事を整理出来るからです。そして、普段気づかなかった視点や問題点などを見つける事が出来るので大切な事です。さらに、そこから自分で考えて転職活動を行っていくと本当にやりたい将来の仕事を見つける事が出来ます。しかし、自分一人だけで活動をしていても疑問が解決出来ない場合もあります。また、就職情報を集める場合でも集める事が出来る情報量には限界があります。そのため、転職活動が効率的に行えないという問題にぶつかる事があります。


日本は今「脱コネ社会」に変わりつつあるといえます。とは言え、人と人とのつながりが、転職において非常に重要な役割を果たすことがあるのも事実です。

 

私が以前勤めていた会社は、輸入食品の販売を行う小さな商社でした。特にイタリア産の食料品、ワイン、パスタに特化していました。その仕事を辞めて、別の会社でのキャリアをスタートさせようと思ったきっかけは、オリーブオイルを専門に扱う仕事をしてみたかったからです。


シングルマザーになってもう10年。
結婚していた時から働いていたから離婚をしてもそのままの仕事を続けていましたが、ずっと昇進できない状況に悩んでいました。
勤続年数が増えるにしたがって増える仕事量と責任。そしてそれと比例してやりがいも増えていたのですが、まったく増えなかったのが給与。


 世の中は、40代の女性にすら、「女子」という言葉を使ったりしていますが、転職活動ということになると、35歳は既に「老婆」の域に突入しているような気がします。
 35歳手前で転職活動を始めました。大卒正社員、そこそこのスキルもありました。転職サイトに登録すれば、こちらからアクションを起こさなくても、転職エージェントからひっきりなしにコンタクトがあります。登録に行き、企業を紹介されます。書類を用意しますが、ただ、どういう訳か面接には至らないのです。

 

 私は半年ほど前に40代で転職しました。以前の職場には店長として勤務し、三年ほど勤めました。

 

 勤務開始当時はオーナーとの関係も良好だったのですが、業績が悪化するにつれその関係が悪化してきました。なかなか売り上げが上がらないことに対する不満もあってか、理不尽な要求をされたり責任転嫁をされたりと、とても辛い毎日でした。